アンダンテ農園

アンダンテ農園は、集団農業などを通して、引きこもりや障がい者などの自立支援を行うNPO法人です。

04月

畦塗りの様子

天気の良い日に畦塗りを行いました。

ご存知の通り、「水」は高いところから低いところへ流れていきます。

田んぼも同じで、水をせき止めるために「畦」が四方を囲んでいます。

その畦を強く、長持ちさせるために「畦塗り」という作業が必要になります。

上の画像は、トラクタの「耕うん」の作業機を「畦塗り」専用の作業機に取り換えて天理の田の畦塗りを行っている画像です。

一般的には、「あぜ波シート」や「黒マルチ(ビニール)」で畦の補強と畦からの水漏れを防ぎますが、アンダンテ農園の耕作面積では、畦塗り機の方が重宝します。

 

畦と田には「田ウナギ」や「モグラ」なども住み着いています。かれらは生きるために土の中に穴を空けて生活します。

かれらの空け穴から、田んぼの水が抜け落ちないように、畦塗りの後は畦の手入れが必要になります。